世界の王室

世界の王室ニュースとゴシップ、ファッションを画像付きでお届けしています。

マキシマ王妃がルビー・ピーコック・ティアラで宮中晩餐会

maxima-queen-with-peacock-tiara.jpg


オランダ王室のマキシマ王妃が
シンガポール大統領夫妻の国賓訪問で催された
宮中晩餐会に美しいルビー・ピーコック・ティアラを着用。

オランダ女王

Queen-Wilhelmina.jpg

ウィルヘルミナ

(在位:1890-1948)の依頼で
1987年に造られた

ダイヤとルビーの冠には、

rubypeacocktiara-dutch.jpg

女王の父ウィレム三世国王の

最初の王妃ゾフィー(女王の母は第2妻)
のルビーが用いられており、

中央のピーコック・テールは取り外せる。

singapore-president.jpg

そのティアラとお揃いのイヤリングで、

レッド・ガウン(Claes Iversen)の胸には
メレリオ・ルビー・イヤリングだったマキシマ王妃。

2017年9月に就任した

dutch-banquette-halimahyacob.jpg

シンガポール第8代大統領、

ハリマ・ヤコブ大統領(Halimah Yacob)の
日程二日間に渡る国賓訪問は、シンガポールとオランダ、
二国間の外交、経済、かつ文化的な絆の祝と促進が
対象にされたもので報告される。

下写真は、

Beatrix_statedinner2018.jpg

ゲストに乾杯の前オランダ女王ベアトリクス。

下写真は、

queen-beatrix-rubypeacock-tiara.png

ルビー・ピーコック・ティアラをつけた
2010年のベアトリクス。

ティアラで輝くオランダ王室のマキシマ王妃