世界の王室

世界の王室ニュースとゴシップ、ファッションを画像付きでお届けしています。

モナコ公室のシャーリーン公妃に待望の懐妊

albert-charlene-monaco.jpg

モナコ大公アルベール2世(56)と

南アフリカ出身のシャーリーン公妃(36)が30日、
第一子の誕生を控えている発表をした。

今年末の出産が予定される
元5輪水泳選手の公妃には、待ちに待った
結婚3年目の吉報で、夫妻は多大な喜び
に浸っているとも伝えた。

大公には女性2人

jazmin-albert.jpg

との間に出来た婚外子が2人いる。

先月にニューヨークで大学卒業の
ジャズミン・グレース・グリマルディ(上写真)と
10歳の子息アレキサンダーを金銭的に支持しており、

公位継承権をクレームしていない2人は、
大公の資産(10億ドル以上)相続人に含まれる。

下写真は

monaco-grand-prix-albert.jpg

モンテカルロで

フォーミュラ1グランプリの
ゲイラ晩餐会に出席した先週の大公夫妻。

そのシャーリーン大公妃は、
結婚当初からインタビューでも夫
に抑圧されている雰囲気が漂ってくる妻だが、
母親に成れば少しは違ってくるかも!

* * *

6月8日のアップデイトによると、
シャーリーン公妃には双子懐妊のよう。