世界の王室

世界の王室ニュースとゴシップ、ファッションを画像付きでお届けしています。

ルクセンブルグ大公室、2018 建国記念日

luxembourg2018nationalday.jpg


6月23日はルクセンブルグ大公国の建国記念日。

大公宮殿で恒例のガラ・レセプションを主催した
アンリ大公夫妻の家族が集合して招待客を歓迎だった。

左から、離婚中の三男、ルイ王子(31)、

NationalDay-Garand-Ducal-Family.jpg

次男のフェリックス公子とクレア妃、

長男のギローム公太子(36)とステファニー妃、
アレクサンドラ公女(27)、末っ子のセバスチャン公子(26)。

活気に満ちるナショナル・デー・イヴは、

Luxembourg-nationalday2018.jpg

明るく揺らぐトーチライトの行進や花火、

野外コンサート、街の隅隅に
ミュジシャン達も集まって国家を祝うお祭り。

下写真は、

Luxembourg-4.jpg

当日に必ず王族一部が訪れる

ルクセンブルグ第二の都市エシュ・シュル・アルゼット
(Esch-sur-Alzette)のギローム公太子夫妻。

10月に結婚6周年記念を迎える夫妻は
今年にロンドンへ移動予定。

下写真は、

Luxembourg-clair-felix-royals.jpg

フェリックス公子(34)とクレア妃(33)。

9月で結婚5年の夫妻は、4歳のアマリア王女
1歳半に成るリアム王子の両親。

西にベルギー、南はフランス、
東にドイツの内陸国、ルクセンブルグ大公国
(人口582,972)は、カタールに続く、世界で最も裕福な国。