世界の王室

世界の王室ニュースとゴシップ、ファッションを画像付きでお届けしています。

スウェーデン王室:宮中晩餐会のシルヴィア王妃、ティアラ

Swedish-Royals-king_queen.jpg


スウェーデン王室が5月31日、地方や地域、全国的に
意義深い貢献をしている人々へ感謝を表して宮中晩餐会を催した。

カール16世グスタフ国王と晩餐会へ向かう
74歳のシルヴィア王妃には、グレーのフラワープリントと
中部袖ガウンのシルエットに調和を放つ装いのようで、
世界の王室で高齢な王族としては常に
ベストドレッサー位を保つよう。

当日のティアラは、

tiarra-silvia-queen.jpg

アップライト・ループ内の

ダイヤ・ドロップが特徴の

silvia-queen-tiara-connaught-2018.jpg

コノート・ティアラ(Connaught Tiara)。

英ヴィクトリア女王の孫

connaught-tiara-margaret-silvia.jpg

マーガレット・オブ・コノート

(Princess Margaret of Connaught)が
スウェーデン王太子(後のグスタフ6世アドルフ国王)
との結婚祝で1905年に両親より贈呈された冠。

スウェーデン王室:シルビア王妃のアメシスト・ティアラ

ヴィクトリア王太子には、

crownprincess-victoria-officialdinner.jpg

ラッフルがアピールされた

ダスティピンクのチャーミングなH&Mの
プリーツガウン(Conscious Collection)が見事に
お似合いだったイヴニング!

フォトジェニックな

swedish-prince-princess-2018-dinner.jpg

ロイヤルカップルのカール・フィリップ王子夫妻。

ソフィア妃(33)には、3年前に美しい
ウェディングガウンを担当した当地のデザイナー、
アイダ・シューステッド(Ida Sjöstedt )の
少々ポテトサックごときガウン。

二児の母はトップに飾られるエメラルドを抜いた
ウェディング・ティアラを当日に着用。

後の6月2日、

Victoria-Sofia-june2018.jpg

王室一家はマデレーン王女の親友の
結婚式に参列だった。

スウェーデン王室:ソフィア妃の公式写真