世界の王室

世界の王室ニュースとゴシップ、ファッションを画像付きでお届けしています。

オランダ王室:マキシマ王妃、ダイアのティアラで宮中晩餐会

queenmaxima-royalvisit-luxembourg.jpg


ルクセンブルグを国賓訪問のオランダ王夫妻が
5月23日にアンリ大公夫妻主催の
宮中晩餐会にお呼ばれ。

迎賓館でもあるルクセンブルグ大公宮殿で
招待客から挨拶を受けていた

ウィレム=アレキサンダー国王の傍で、

queen-maxima-banquet-luxembourg.jpg

マキシマ王妃には

ボディへしなやかに馴染んだプリーツの
ギリシャ風ガウンが優美。

オランダのファッションデザイナー、
ヤン・タミニオウ(Jan Taminiau)のガウンで、
ロイヤル・イエローがクイーンに
相応しいよう。

ファッショナブルな

queen-netherlands-maxima.jpg

そのオランダ王妃の頭上には、

この40年間お蔵だったという
ウィルヘルミナ女王

(Wilhelmina、在位1890-1948)の

stuart-tiara-whilhermina.jpg

スチュワート・ティアラ(Stuart Tiara)。

当日のイヤリングや大きな蝶結びブローチは、
過去にハイ・セッティングが変更された
同ティアラからのダイヤ。

オリジナルは巨大な冠だった。

ティアラで輝くオランダ王室のマキシマ王妃

banquet-luxembourge-dutchking.jpg

オランダ国王と乾杯だった

マリア・テレサ大公妃(62)には、
ピンクの豪華なエリー・サーブのガウンで、
ステファニー妃は、大公妃から拝借した10年前の
エリー・サーブガウンをリサイクリング!

下写真は、

queen-maxima-luxembourg-visit2018.jpg

宮殿晩餐会の正装と同系色で艶のある

ゴージャスなサテン・ドレスとシックな帽子で、
ルクセンブルグにランディングだった
マキシマ王妃(47)。

後日のオランダ国王夫妻は、

dutchroyals-luxembourg.jpg

キルヒベルク地区(Kirchberg)の

フィルハーモニー・コンサートホールにて、
国賓訪問では伝統的な返上コンサートを催した。

オランダ王室:即位5周年記念の写真集、グローニンゲン