世界の王室

世界の王室ニュースとゴシップ、ファッションを画像付きでお届けしています。

メーガン・マークルのゴシップ、王室公務のニューフェイス

Harry-Meghan-december.jpg


英ハリー王子との婚約が先週に発表されるや
いなや、早々に公務で始発のメーガン・マークル(36)!

ハリー王子と同伴で国立司法博物館を訪問、
次の世界エイズデーの慈善イベントでは人々に歓迎されて

感激の表情が撮られた

Prince-Harry-Meghan-december-center.jpg

元ハリウッド女優は、

最後にノッティンガム・コンテンポラリー
(現代美術センター)の展示会を訪問だった。

チャールズ皇太子とダイアナ挙式の同週に
生まれたメーガン・マークルは、

子供時代から

meghan-markle-childhood-photo.jpg

王室生活に憧れ、

特にダイアナの熱烈なフアン
でもあるなど、母親を恋しがる初対面の
プリンスのハートを射止めたキューピッドの矢は、
多分に計画性へ富んでいた気配は高そうかも...

婚約指輪には、そのダイアナのダイヤまで
入れて貰ったようで。

人生で

Prince-Harry-Meghan-Markle-dec2017.jpg

自己が何を欲しているか

明瞭なビジョンを
持つ女性に夢が叶ったよう。winkwink.gif

メーガンには婚約の祝福を
メディアに伝えた異母姉がいる。

元モデル、無名女優で

samanthagrant.jpg

子供3人の母

サマンサ・グラント(52)は、
メーガンを12年間世話したと伝えた異母姉で、
2008年からの多発性硬化症で車椅子の不自由な身。

歯に衣を着せぬこの異母姉は、
国際女性の日の為にメーガン・マークルが
寄稿したタイム誌記事がある有名人に称賛されて
同調出来ず、ツイッターでその相手に憤激の異議を
申しで、メーガンに関しては、障害者の姉を
恥辱に思う偽善者と批判。

他では、「家族への精神的かつ
金銭的な支援を無視した異母妹は
浅はかなソーシャル・クライマー」とも呼ぶなど、
10年近く会っていない異母姉妹は心の
通い合う仲とは縁遠いよう!

下写真は、

meghan-brother.jpg

メーガンとは仲良いと伝わる
異母兄のトーマス・マークルJr.(51)。

窓ガラス職人で報告されるこの方、
オレゴン州で今年1月、喧嘩相手だったある
女性の頭部に銃を突き付けて脅迫と不法武器使用
の容疑で逮捕され、ヘルプを求めると謝罪した後、
肝心の被害者が行方不明の為に事件の
1ヶ月以内に追訴を免れた!

飲酒問題がありそう。

二人種間に生まれた自分に
正々堂々と生きる知恵を教えてくれた、と
雑誌取材でメーガンが敬う父トム・マーケル(73、
母親とは離婚している)は、米TVソープオペラ番組の
元照明監督で、2016年に3度目の破産宣告以来、
メキシコで隠遁生活中。

因みに、上記の異母姉も破産宣告、
異母兄には数年前だった。

選ばれた道より、

meghan_markle-blackdress.jpg

選んだ道へ進んでいそうな

メーガン・マークル...
待ちに待った新世界での成長に
向えばなによりの王室ニューフェイス。

英国王室ニュース: ハリー王子とメーガン・マークルの挙式場