世界の王室

世界の王室ニュースとゴシップ、ファッションを画像付きでお届けしています。

聖人マザー・テレサ

motherteresa.jpg


スペイン王室のソフィア元王妃も正式ゲスト
だったヴァティカンのサン・ピエトロ大聖堂広場で、

マザー・テレサの列聖式が

queensofia-vatican.jpg

9月4日に営まれた。

カルカッタで献身的活動に
生涯を捧げて「貧民街の聖人」と呼ばれていた
ノーベル平和賞受賞のカトリック修道女マザー・テレサ
(1910-1997)には、ローマ教皇庁より2015年、ブラジル人男性
の脳腫瘍回復(2008)を2度目の奇跡と認定された事例に帰す列聖。

聖人を宣言した

canonizationofmotherteresa3.jpg

フランシス教皇より慈悲の行使者と

呼ばれたマセドニア出身の
小柄なマザー・テレサ...最初の奇跡とは、
インド人女性が修道女二名から腹部上に結び着け
られたテレサの写真付きメダリオンより一条の光を放たれ、

腹部の悪性腫瘍が

mother-teresa.jpg

治癒されたとの背景(1998)だが...

2002年に米タイム誌へ伝えた
ムスタフィ担当医は、肺病の合併性だった
早期発見の良性腫瘍が、9ヶ月から1年間服用した
治療薬に反応したもので奇跡でないとし、患者の夫も
奇跡はでっち上げだと非難した。

後のタイム誌調査では、

canonizationofmotherteresa1.jpg

テレサの修道会から奇跡と呼ぶよう
病院が圧力を掛けられたとの報告もされたが。

物議を醸されるマザー・テレサに
関する批判では、英社会批評家・作家で
ジャーナリストの故クリストファー・ヒッチェンズによる
BBCドキュメンタリー「ヘルズ・エンジェル」や
エッセイが知られる。

そのマザー・テレサの列聖式に

canonizationofmotherteresa.jpg

12万以上の人々が集合した当日には、

1500名のホームレスに布教活動団
よりピザが与えられた。