世界の王室

世界の王室ニュースとゴシップ、ファッションを画像付きでお届けしています。

ルクセンブルク公室のロイヤルウェディング、フェリックス公子

PRINCE-FELIX-wed.jpg

ルクセンブルグ公室のフェリックス公子が、

ドイツで民事婚を終えた4日後の9月21日、
フランスで再度、結婚式を挙げた。
今回は宗教儀式。

仏プロバンスの

prince-felix-married.jpg

サン・マキシマン・ラ・サント・ボームで、

エリー・サーブの豪奢な
ウェディングガウンに包まれた
ドイツ人のクレア・ラーデマッハー(28)は、
当日のエレガントな花嫁!

フェリックス公子(29)は
ルクセンブルグ公室のアンリ大公と
キューバ生まれのマリア・テレサ大公妃の次男。

下写真は妹と弟たちの

luxembourg-royalfamily1.jpg

セバスチャン王子、テッシー王女、ルイ王子。

長男のギョーム公太子は、

prince-guillaume-felix.jpg

ベルギーのフィリップ・ド・ラノア伯爵家の
末娘ステファニーと昨年秋に結婚。

下写真の左のカップルは、

luxembourg-royalwedding.jpg

生命倫理学の研究員で

博士号取得に向かっている花嫁クレア
の民間人の両親、ラーデマッハー夫妻で、
父親はドイツのLHSテレコミュニケーションの創立者。

写真の右は花婿の両親、ルクセンブルグ大公夫妻。

新郎新婦は双方、ローマで生命倫理学の
勉学中に知り合ったよう。

ロイヤルウェディングには、

pierre-casiraghi-luxembourg.jpg

恋人と同伴したモナコ公室の
ピエール・カシラギも招待客の中に見られた。