世界の王室

世界の王室ニュースとゴシップ、ファッションを画像付きでお届けしています。

英国王室:習国家主席を歓迎した公式晩餐会のキャサリン妃

Queen-Elizabeth-xi-jinping.jpg

英国王室のエリザベス2世が20日、

中国の習近平国家主席(62、Xi Jinping)夫妻の
4日間に渡る来英を歓迎して、バッキンガム宮殿で
招待客170名の公式晩餐会を催した。

初の公式晩餐会だった

xi-jinping-queen.jpg

キャサリン妃(33)には、

チャイナ・デイリー紙(国有紙)が
「キャサリン妃が国家主席夫妻の歓迎の為に
赤で装った!」の見出しで大々的に報じたその
中国の国旗色ガウン(ジェニー・パッカム)だったよう。

下写真の

QUEEN-MOTHER.jpg

エリザベス王太后から

マーガレット王女に継がれた
ライトウェイトのパピルス・ティアラ
(エジプシャン・スタイル)を着用した当日の
キャサリン妃のジェエリーは、

エリザベス女王の

kate-middleton-jinping.jpg

シャンデリア・イヤリングと
左手首のウェディング・ブレス、

右には、王太后のブレスという豪華版
だったが、ラウンドネックとキャップスリーブス
の質素なスタイルのガウンとはコーデがいまいち。

また、垂らした前髪がティアラの品を損ねたよう!

女王と挟んだ国家主席の横という、
重要な座席を承ったと云われる晩餐会の
プリンセスだったが。

中国の大統領(国家主席)の訪英は2005年以来。